トップページ > おしらせ > お米・野菜作り日誌 > 代わり映えの無い毎日。

代わり映えの無い毎日。

代わり映えの無い毎日。

晴れれば稲刈り。
でも、今年はどんより天気の日が多いです。

ライスセンターの3台の乾燥機が満タンになるまで刈り取り、翌日籾摺りをする。

翌日も刈り取りして、乾燥機に入れるため、
乾燥した籾を一時的に籾蔵に入れます。
それぞれの機械は勝手に動いてくれるけれど、
乾燥機から籾蔵へ入れる時の量とか、
2つある籾蔵のどちらへ入れるのかとか、
満タンになって溢れる前に切り替えるとか、
ところどころで手動です。
しかも、そこを間違えると機械に不具合がでたり、思わぬところから籾が大量に降ってきたりします。
そんなてんやわんやを繰り返し、
やっと、いい感じに、
トラブル無く流れる加減が確立してきました。
機械の警告音や異音、
籾を積んだトラックのバックの音を聞き分けながら、たまにボーッとしながら、
空耳に驚きながら、仕事してます。