トップページ > おしらせ > 【訳有り1kg350円】2等米 新潟県産コシヒカリ

【訳有り1kg350円】2等米 新潟県産コシヒカリ

hikari-2nd

【訳有り1kg350円】2等米 新潟県産コシヒカリ  (hikari-2nd)

二等米純正コシヒカリ

えっ、2等米?美味しくないんじゃないの?と思う方も多いと思います。
全部完璧に白くないと美味しくない?そんなことありませんよ!
お米の等級は味に関係なく、検査員が目視のみで判断していることをご存知ですか?

二等米の精米前と精米後

お米の等級について

1000粒に着色米が2粒あるだけで二等米に。

そもそもお米の等級ってなんでしょう?どんな基準で決められているか知っていますか?
袋からランダムに1000粒選んだ中に、どれだけキレイでないお米が混じっているかでお米の等級は決まっています。 その判断基準は玄米の透明感・水分量・白さ・粒の大きさが揃っているか等です。農薬の含有量などはこの検査では調べません。
この基準が非常に厳しく、1000粒のうち4粒~7粒(0.4~0.7%)混じっているだけで、3等米にグレードダウンします。 3等米になると、品種名を併記することも禁止になってしまい、お値段はかなり減額します。

等級 整粒割合 水分含有率 死米混入 着色粒購入 もみ混入
一等米 70%~ 12%~15% ~7% ~0.1% ~0.3%
二等米 60%~ 12%~15% ~10% ~0.3% ~0.5%
三等米 45%~ 12%~15% ~20% ~0.7% ~0.1%

完璧に白くてきれいなお米をご提供するには、検品・選別の機械を通すことで、ある程度の着色粒を防ぐことはできますが、それ以上は除草剤や殺虫剤等の農薬を用いることで、 強引に温度変化に耐えうるようにしたり、虫の寄り付きを防ぐほかありません。
2粒着色粒が入っているだけで1等米になれないのです。 農薬の使用量を抑えたり、環境に考慮した、より安全なお米の評価が その見た目だけで低くなってしまうのは、作り手としてももどかしいものです。

農薬の使用について

農業事情綺麗なお米 – 近年の農薬事情

真っ白でおいしいお米のお味が期待していたものと違った、というレビューを度々他店で見かけます。その原因は多量の農薬にあると考えられています。
※当然ですが、全ての白いお米がそうというわけではございません。

農薬はお米につく虫を防げますが、 一度に広範囲に散布するため、僅かに風に乗って周囲に散らばります。 近所の田んぼで『農薬散布○月×日』という予告を見たことがある人もいるかもしれません。これは、人体に有害であるためです。
また、周囲に散らばった強い農薬で、田んぼ近くの養蜂場の蜂が育たない→農作物が実らない等の弊害を生んでいます。 蜂がいなければ、当然ですが農作物は育ちません。

多くの農家はこの問題に対策すべく、虫よけに煙を使用したり、 生育を良くするため、自然の菌の力を利用したり、 微生物を使って水質改善を促したりと、周囲の環境と食味に考慮した育成に切り替わりつつあります。

純正コシヒカリです

当店では本年の作付のうち何割かで、 基準をクリアした安全な農薬で【純正コシヒカリ】を育成しておりましたが、 穂が付いてからの気温の不安定さから、未熟米(着色粒)が混じってしまい、 残念ながら2等米の認定を受けてしまいました。

しかしながら、お味はもちろん間違いなく新潟県産コシヒカリです。

二等米の精米前

二等米の精米前
二等米の玄米です。図示した緑色っぽいお米のことを、専門的な言葉で青未熟粒と呼びます。青未熟粒の原因は刈取り時期の急激な温度変化により、稲の上から下までの成熟具合に差が出来てしまった場合、部分的に熟し切らなかったことが原因です。また、黒く変色する斑点米は、カメムシなどの稲を好む虫が生育中に籾を吸うことによるものです。どちらもお味には何の影響もありません。多くは選別機に通すときに取り除かれますが、薄く色づいている青未熟粒は選別機で分けるのは難しいのです。

↓

二等米の精米後

二等米の精米後
二等米コシヒカリを精米してみました。どれが元々青未熟粒だったか、ほとんど分からなくなりました。すこし小ぶりな粒、または乳白色をしているものが元々青未熟粒ですが、そうでないものもあります。これも味には影響をしません。

↓

二等米の炊飯後

二等米の炊飯後
二等米をふつうのお米と同じように吸水した後、炊いてみました。どれが青未熟粒だったか、もう判別できないと思います。二等米であることを知らない方5人に試食して頂きましたが、これが二等米であることを告げると『えっ。二等米っておいしくないお米なんじゃないの?どのあたりが二等米なの?』とビックリされました。等級の判断基準は、知らない方がほとんどだと思います。

検査機関による認定があって初めて品種名を名乗れます。 精米前は不恰好なお米かもしれませんが、実際に炊いて食べてくださった方に 食味に関してお尋ねしたところ、通常の白米と変わらないというご意見を頂きました。 毎日食べるものですから、少しでもお安くご提供したいものです。

お味はもちろん新潟県産のコシヒカリです。 普段は農家でしか消費されないお米です。そんなに数量があるものではございませんので、今回だけ異例の販売で、1kg350円でご提供させて頂きます。見劣りしますが、お味は本物です。

見た目に関してはノークレームノーリターンで何卒お願いいたします。

実際に二等米コシヒカリを召しあがって頂いた方の声

おいしいです。あんまりだったらどうしようと思っていましたが 素人目には、どれがその着色粒?なのかは、わかりませんでした。
お得に譲って頂いて感謝しています。
2015.11.28(群馬県:M.Yさん 女性)
正直なところ、二等米というだけで炊く前は不安でした。 事前に教えて頂いているとはいえ、確かにすこし小ぶりなお米で、白っぽい粒がありました
半信半疑で普通に洗って、炊いてみたら「アレッ?!」と思いました。 炊きあがった見た目が普通に買ってきたお米と変わらず白くて。 食べてみて「アレレッ!」美味しい!小ぶりなせいかお味もしっかり感じた気がします
昨年親戚から頂いた、おいしいという噂のお米より全然美味しくてビックリです。 新潟県のコシヒカリがこんなに安くていいんでしょうか……?いい意味でだまされた気分です。 在庫があるならまた注文したいと思いました。ごちそうさまです。
2015.12.13(栃木県:N.Oさん 女性)

 


新潟県産コシヒカリ二等米

名称 精米
原料玄米 新潟県 コシヒカリ 100%
販売者 金助農業株式会社
〒957-0103
新潟県北蒲原郡聖籠町網代浜1004-7
TEL:0254-28-7854 FAX:0254-32-5478

※お届け時ラベルにて製造年度と精米年月日が併記されます。


注文番号 タイトル (定価)販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
hikari-2nd-5 コシヒカリ 二等米5kg (¥2,160) ¥1,750
売切れ 売切れ
hikari-2nd-10 コシヒカリ 二等米10kg (¥4,320) ¥3,500
売切れ 売切れ
hikari-2nd-15 コシヒカリ 二等米15kg (¥6,480) ¥5,250
売切れ 売切れ
hikari-2nd-20 コシヒカリ 二等米20kg (¥8,640) ¥7,000
売切れ 売切れ