トップページ > おしらせ > お米作り日誌 > 田植の終盤はいつも、新発田の川東地区下新保の田んぼ。

田植の終盤はいつも、新発田の川東地区下新保の田んぼ。

田植の終盤はいつも、新発田の川東地区下新保の田んぼ。山裾の水も空気も綺麗で美味しいところです。
個人販売しているお米はほとんどこの地区のお米です。
聖籠からは片道40分くらいかかります。なので、お弁当を持って、全員総出で行います。
この場所に4町程あるので、いつもなら、丸々一日かかりますが、今年は田植え機2台だったので、3時過ぎに終わりました。
ここが終わると田植えも終わった気になります。

62f7d2307182e9e55da3